公的医療保険

社会保険の一種で強制加入の性格を持ち、主に行政が運営し、予め定められた診療等について保険が適用される。

民間医療保険は市場の失敗と呼ばれる欠点を持ち、すべての対象者が加入できないおそれがある(たとえばアメリカ合衆国ではこの現象が深刻であり、本来もっとも医療保険制度が必要な悪条件の患者ほど高価な医療費を請求される)ため、北欧を除くヨーロッパの多くの先進国は公的な医療保険制度を用意している。

ただし先進国でもイギリスは保険料でなく、税を財源とした国民保健サービス(NHS)と呼ばれる医療保障制度を国が運営している。

日本では、被用者だけでなく自営業者なども加入できる国民健康保険制度を全国的に整備し、1961年に「国民皆保険」が達成された。

保険者が被保険者の特性に合わせた予防的な事業を展開することによって、被保険者の健康を増進し、医療費の抑制や医療費の還付・保険料率の引き下げにつなげることができるメリットを持つ。

―Wikipedia―

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27741333

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。