民間医療保険

加入にあたり、個人の財産や所得に応じて、複数の保険会社が用意するメニューからプランを選ぶことが可能である。

年齢要件や加入前の病歴審査があるため、保険会社が加入希望者を選ぶ、いわゆる逆選択が発生することがある。

公的医療保険と異なり、メニューとして通院や入院の日数で給付額を算出されるプランが多い。

保険料の内訳としては保険会社の人件費や事務費がかなりの割合で含まれるため、保険料の総額=保険金の総額という等式が成り立つことはない。

―Wikipedia―
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27741380

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。