医療費の負担を軽くする制度

医療費がますます増加傾向になり、大きな社会問題になっている現代社会ですが、医療費の負担を軽くする制度が不可欠です。

医療保険制度は一番馴染み深い制度ですが、国民健康保険や社会健康保険に加入していなくてはなりません。
病院にかかる時に、保険証を提示するのは、病院が請求を行うためです。
70歳未満の一般の人で国民保険加入者でも3割負担しなければなりません。
一割負担のときから比べるとずいぶん負担が増えたものです。

またよく知られている医療費助成制度に、乳幼児医療費助成制度・子ども医療費助成制度・老人医療費助成制度などがあります。

たとえば、子ども医療費助成制度の場合、お子さんが病院にかかった時に、自治体が医療費を全額負担するというもので、各自治体によって、適用される年齢はさまざまですが、中学生の子どもでも、助成してくれる自治体もあるのでよく調べる必要があります。

他にもいくつか制度がありますが、高額医療という制度は一般にあまり知られていないようです。
正確には、高額療養費制度と言いますが、金額が大きくなると病院のほうから申請の手続きなどを教えてくれることもあるようです。

高額医療とは、一つの診療科で1ヶ月内にかかった医療費が、ある基準を超えた場合、保険組合から超えた分を払い戻してくれるという制度で、70歳未満と70歳以上で基準が異なります。
また個々の収入によって助成される金額が異なってきます。
具体的な基準点数は病院のほうと相談されると良いと思います。
医療費の負担額が高額になった場合は、高額医療制度が利用できることを思い出してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。