民間保険の必要性

医療費が高額になってしまった場合・・高額医療制度が利用できると、たとえば50万円医療費がかかる場合、30%負担で自己負担額が15万円かかります。
この場合は約6万円の高額医療費が還付される計算になります。
1ヶ月以内に高額な医療費を負担した場合に、自己負担限度額を超えた分が払い戻される制度です。
しかしそれでもふだんの家計からすれば大きな出費になります。

また長期入院ともなれば、保険適用分の治療や薬だけでなく、いろいろな患者負担が発生し、保険適用外のものだけでも、高額な金額になってしまいます。
しかも入院・手術が、月末だった場合などは、その計算上高額医療にあたらないという場合も出てきて、高額医療還付金は全く戻らない事もかんがえられます。
入院や手術を月初にするなど、高額医療にあわせるわけにはいきません。
病気の進行状態や病院・医師の都合もありますから、そんな都合よくはいかないのがふつうです。

自分や家族が病気になると、ほんとうにたいへんなお金が必要になります。
長期にわたって治療を続けなければいけないような病気は、薬も保険適用外のものに切り替えられる事もあります。
保険適用の薬は、薬の種類にもよりますが、たいへん高額で驚くほどです。
これに切り替えると、貯金を切り崩しても足りなり、本当に一家離散ということにもなりかねません。
高額医療で還付されても、収入になるわけではなく、当然それ以上に支払いが発生しているわけですから、金銭的にも精神的にも追い詰められてしまいます。

このような事態を防ぐために、民間保険にぜひ入っておく必要性があります。
もちろん公的保険は無くてはならないものですが、国民全員が対象となるため当然手厚い保証は限界があります。

どのような内容で、どんな保障があるのか、自分や家族のスタイルに合った保険を病気や怪我をする前に選んで加入しておくべきだと考えます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。